金の森山荘は、大月市・真木地区の大自然の中で40年余の歴史があります。
移ろい行く時の流れの中で、森・林、川、空気、様々な生き物や植物・・・・
人間が必要とする大いなる自然環境の中に小さな施設として金の森山荘は存在し愛されてきました。
私たちは、大月市・金川真木地区の宝とも言える自然環境と文化を機能的に連携させ
人が集い、学び交流を深め「遊びは学び」をテーマに、金の森ナチュラル・ヴィレッジとしての新しい未来図を描きました。
長い歴史と経験の中で鍛えられ教えられた育てられたナチュラリストとしての知識や経験、人と人の繋がり・・・など
かけがえのない財産を活かしながら、更に新しい未来に向けて教えを頂きながら
大月市の地域全体を俯瞰しながら、金の森山荘をコアとした大自然のカルチャーゾーンとして考えたいと思っています。

真木川・金の森山荘の新しいステージへ向かって・・・・知り・学び・遊び・人が育ち地域が育つナチュラル・ヴィレッジ構想。
東京ドーム×2個の広大なエリアの金の森山荘をコアとした大自然のCultuer Zoneを創る・・・Fun to The Nature
10年後の新しい真木ナチュラル・ヴィレッジ構想の実現に向けた活動が始まりました。